鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

しーた、家族募集です

2月5日にやってきた怖がりのしーた。
克服する事は山程ありますが、一歩一歩焦らずに・・・。
でも焦ってた私は2週間で体重が約4キロ減りました。

だって・・・・。しーたの怖がり度が尋常でなかったから。
恐怖の中に居る犬の、あの、目つき。ガクガク震える
しっぽを巻いた下半身。

窮鼠猫を噛む。

ひとつ間違えば、その結果を想像してしまい、

やれやれ、どうしたものやら・・・。

兎に角、気分を変えてお散歩、お散歩。

最初の何日かは、林の道の前方を鹿の群れが横切っても

気付かない。 我が家の鶏舎の横を通っても
鶏の存在すら目に入らない.  それ程すごい緊張です。

でも、しーたにインプットされてるしつけでひたひたひたひた
ひたすら私の左横を上手に背後霊みたいにくっついて
来ました。怖いんですけど~。

お互い信頼関係に無いから目を見てくるはずも無く、

写真を撮ろうとしてもあっちむいてホイ、状態。

分かってるよ、カーミングシグナル。

だから私もしーたの目は見ないから。安心しなね。


とか何とかしているうちに来客や新聞配達、郵便、宅急便、
ピンポン~に吠える度合いが増してきました。

明らかに怖がっているけど、お決まりのコースで、吠えれば
イヤな事がなくなる(配達さんはすぐ帰るから)と学習。
怖いが強いに代わって行くのが分かり、

すごーくすごーく悩みの種になり、このままじゃいけない、
トガシドッグスクールさんに電話して、訪問をお願いしよう
と思いました。沢山アドバイスを頂いて感謝感謝。やはり焦ってはいけない、
散歩も、せねばならぬ、と気負うなら、犬もそれを感じ取る。
ピンポン恐怖を恐怖でしつけてはいけない、等など。

残念ながらトガシさんの訪問は現在諏訪はたまにしか来ないとの事で
した。でも相談できて胸のつかえが取れました。

しーたは我が家の犬部屋のケイジで暮らしてますが、家の中で、私や
夫が歩く音にハッとして吠えたりもしました。辛いな~。

そうこうしてる内にしーたの緊張がほどけて来ました。何故かって?
私が怖がるしーたに怖くない、怖くない怖くないよ~とマッサージばかり
繰り返したんです。 その内、とてもリラックスする心地よさに気付いた
みたい。私、怒らないよ~。


そして昨日、やっとお友達にも遊んでもらいました。
恐怖の殻からしーたが出てきました。
[PR]
by coccokuro | 2012-02-21 00:05