鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

犬の状態が穏やかな時

f0134693_17341695.jpg
 またまたシーザー氏の話ですが、彼の著書「あなたの犬は幸せですか」を読むと、穏やかで毅然とした態度で犬に接する、という事が度々出てきます。分ったような、分らないような・・・でしたがDVDの中でもそのフレーズがいつも出てきます。

 今回の私の気付き(遅かったか?!)は犬の状態も人の状態も穏やかな時にお互いが分かり合える、というか・・・犬が怯え、興奮、不安、等の要素の全くないときに人の声が聞こえる、というか・・・つまり・・・うーん、表現が適切かどうか分らないけどお互いの状態がニュートラルの時にこそ指示を出すべきという事です・・・

 人間だっていわゆるキレタ状態では聞く耳は無いでしょう、泣き叫んでいる時は優しい言葉も耳に入らないかも・・・。でもキレル直前に誰かが「ちょっと落ち着けよ!」とささやいてくれたなら・・包丁振り回さなかったかも(ちょっと過激な表現)・・・なのでシーザー氏がドッグウィスパラー
とされてるのもうなずける。シーザー氏は決して犬に怒鳴らないし「シッ!」と言うだけで犬は彼にしっかり反応するんです。奥が深すぎです・・・・

 去年16歳、で最期認知症でぐるぐる歩いたゴマちゃん、いつも思い出してるよ。
f0134693_17343516.jpg

[PR]
by coccokuro | 2007-10-24 17:36