鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

どうしたものやら・・・

 オリーブの救いは人には決して歯を向けないし唸ったりしない事です。どんなにひっくり返しても大丈夫。これは嬉しい、素晴らしい事!!だからこちらも緊張せず、安心して挑む事ができる、でも対犬、動物はやっぱりまだまだ・・・・今、オリーブのケイジにはシーツを掛けてあり、少しの隙間がわざと開けてあって、そこからクロちゃんの行動をオリーブが観察できるようにしてあります。
 最初はクロが動くだけでバタバタシッポを振り、緊張&いつでも攻撃態勢だったけど今は多少の動きには反応しないで眠ってやり過ごす事もできます。日に日にシーツからクロの姿を全て見られるようにシーツの隙間を大きくしてやろう、と企む私です。

 犬本には脱感作、脱所作、順化、社会化とか難しく説明されているけど要するに慣れりゃいいんでしょ?慣れて頭の中がスッキリして、大丈夫だ、とオリーブが認識できりゃいいんでしょうがあ~、とか、中々進まないオリーブのロックされた頭、脳内状況に、どうしたものやら・・・?と困惑すら覚えます。でもね、ちっとも嫌じゃなく、楽しんでやってます。
 犬は文章では分らない、さっきこうだったから、2~3日後はこうしよう、とも思わない、その瞬間瞬間を生きてるって事を時々忘れそうになりますが・・・。きっとけっこう単純な所に道が準備されていそうな気もするのですが・・・

 ブルテリアで苦労する人って多いのでしょうが、この、どうしようもない感じがまた、超魅力な訳で・・・・・ そうそう、かのシーザーミラン氏でさえ、頑固一徹のブルドッグに獲物を諦めさせるのに40分も格闘していましたもんね、ブルでテリアなんだから、それも相手は私なんだから、気長に構えて、オリーブにももう少し苦労して頂きます・・・
 
[PR]
by coccokuro | 2008-05-16 11:58