鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ピョンファの事

 私が初めて飼ったブルテリアはピョンファ(ハングルで平和)でした。片マユの美犬。散々迷ったあげく迎えた犬だったし可愛いくせに半年になるまで甘噛みもひどく、かなり悩ましい犬でしたがもうじき一歳、と言う時不慮の交通事故で逝ってしまった時の悲しみと嘆きと、私が悪かった事への自責の念でひどく落ち込みました。

 今にして思えば私はピョンファを女帝にしたてあげたのです。いつもべたべた可愛がり、どこかから帰ってくれば、ぴょんちゃ~ん、とまずは声をかけ、出かける時は行って来るね~。
 そして餌で釣りながらお坐りと伏せを覚えさせ、有頂天だった・・・。散歩では平気で前を歩かせ、ピョンファが着いて来るかな?と後ろを振り向く顔が可愛くて・・・そしてピョンファは必ず夫の所へ綱のおもちゃを持って行き、これ、引っ張れ!とやったものです。私、にでなく夫の所へ・・・これには深い訳があったと最近知ります。

 ピョンは夫がこの家のリーダー格、と感じ、夫の上位へのし上がるべく夫に指示(要求)をしていたのでしょうね・・・。綱のおもちゃの引っ張りあいで我が手に入れればピョンファは見てくれ!と言わぬばかりにそこいらを一周したものです。(あたしが一番エライ!)
 そこいらを一周、というのは去年かつお君とコング遊びした時もやってました。かつおは私が投げたコングを持ってきてそこいらを正に勝利者の凱旋、のごとく一周して鼻高々、意気揚揚と私のアウト!の命令でコングを地面に置きました・・・って今思えば、私にはい、次っ!投げろ!と指示を出していたのかも・・・。そのカツオの指示に従っていたのは私だったかも・・・?
 グーッド!と私は何回も何回もカツオ君に言ってきたけどカツオ君も私に対して心情はグーッド!って言ってたかな?(やっぱりオレの指示を聞くんだね)・・・とか・・・。
 おもちゃをゲットした犬は言ってみればワールドカップをゲットした程最高な気分らしい!
 
 ピョンファが少なくとも私を追って事故にあったのは確かな事なのです。ママが行っちゃた!と後追いしたのか、我が子(私の事)がいなくなっちゃた!(つまりリーダーとして)心配のあまり追ってきたかは分りません。私の自覚の無さが招いた最悪の結末だった、今でも涙がこぼれてきます。でもこのピョンファの死がきっかけで犬下宿屋おばさんになってしまいました。
 ピョンファが死んで、ブルテリアレスキューHPでレインボーブリッジの詩を読んで随分随分心の整理ができたのです。今も感謝しています。

 カバさんやぶりんどるさんとの出逢いで犬をマジメに考えるようになり、自分の間違いもあぶりだされてきました。なんて時間のかかるオバサンですことか・・。

 下宿人のゆったりおおらかなクロちゃんと緊張娘のオリーブ、どちらにも良い家族が見つかるように祈っています。ピョンちゃんが逝って出逢う事ができた犬達、人達がいて、ピョンファは一粒の麦だったんだよね、死んであまたの実を結ぶのは本当なんだね、と思って過ごす6月です
f0134693_23521238.jpg
おだやかでおしゃべり(犬語)するクロちゃん、幸せつかもうね

 
[PR]
by coccokuro | 2008-06-26 23:52