鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アレクセイと泉

 ゆうべ友達から(21年間愛飲者)借りた映画DVD,アレクセイと泉、を見ました。撮影当時がチェルノブイリ原発事故から既に14年たっているブジシチェ村の村びと達の日々の営みが淡々と映し出されています。
 チェルノブイリから180キロも離れているのに爆風があり、一瞬雨がふり・・・180キロ離れていても本当は人の住めない放射能汚染状態、だけど年寄りたちとアレクセイは村に残って生活しています。2001年の撮影だからあれからもう7年以上経ち、お年寄りの何人かは天国在住かも知れません。それにしても大自然ゆたかで労働は生きること、生きることは食べること、あまりに深く静かに感動したもので、見終わって放心状態でした。
 何もかも、食べるもの、生産物ジャガイモもキノコも汚染されている中、こんこんと湧き出でる泉からは放射能は検出されないのです、この不思議、この命の水があったから多くの村びとが引っ越したけど残って住み続ける老人達がいたのでした。何年もかけて泉に湧き出てる事が何とありがたいか!
 そして身の丈の生活の何と豊かであることか・・・
映画の中で、豚や鶏、馬、ガチョウ、そして犬も勿論おりました。その、犬ですが、人と正に共存しており、放し飼いだし、勝手気ままの様でいて、しっかり人と行動を共にしてました。だあれも犬に指示なんかしていなさそうだし、それでも人のそばに居るし・・・
 きっとワクチンも狂犬病予防接種も去勢避妊もしていないでしょう。きっとそこの人達はあまりに自然に共存している為、犬と苦労する私達の事なんか不思議過ぎておったまげて訳わからん事でしょうね。こんな世界があるなんてお互い信じ難いって感じでしょうか・・・・

 本当はオリーブもクロちゃんも放して散歩させたいのですが、日本じゃそうはいきません。
いいな~、あの環境!!ロシアの大地~!!
[PR]
by coccokuro | 2008-11-10 21:51