鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2010年 03月 24日 ( 1 )

2月の事

 去る2月の事でした
私は時々いつでも里親募集中、dogoo.comの里親募集、東京センターの収容犬等見る事があります。2月に東京センターにピットブルが収容されていました。ぶりんどるさんに連絡すると彼女も丁度見つけてどうしよう、と思っていた処だったのです。
 勿論すぐ思いついたのがグローリータッズ犬舎の事でした。BBSに書き込むとすぐにタッズ父が
ご安心ください、UKCジャパンで保護致します。と返答がありとても安心いたしました。

 何故グローリータッズ犬舎だったかと言えば、かつてカツオ君の下宿中、シーザーミランのDVDを沢山見た中で美しいアメリカンピットブルが居て、ハッキリ言ってその雄姿に勝手に惚れて日本のサイトでピットを見つけ、タッズ犬舎の画像、そして母のつぶやきコーナー(現在は緊急レスキューコーナー)やタッズ父のタッズの子や孫への深い思いを感じて、何はともあれピットに対する偏見が薄れており、東京センタ-収容ピットは迷わずタッズさんへの連絡となりました。
 また、東京の子と同時進行で沖縄にも保護ピットが居て、両方の引き出しにぶりんどるさんも協力して、タッズ父母の熱い思いでタッズ犬舎に無事に入りました。そしてタッズよありがとう
の本もみんなで読んで私はハラハラ泣いて、タッズのお嫁さんのスーちゃんの交通事故死が
私の初代ブルテリアピョンファと重なって・・・一頭の犬が一人の人の生き方まで変える力がある
という事、そしてタッズファミリーが生まれて今回の緊急レスキューではみなさんが協力して
働く、という絆も生まれ、起こっている現実は厳しく辛い事ですがタッズ母さんがBBSに書いていらっしゃる思いを知るにつけ、人との出逢いやつながりって大切にしたい、と改めて思いました!

 本の中に以前浜松で起きたブリーダー破産時にタッズさんも駆け付けて2頭犬を引き取った事が
かいてあります。おそらくばっちゃんの飼い主さんが活動された時の事だと思います。そうか~。そうだったのか~。
その茶介の老いはタッズに見守られていたのか~。涙涙涙。
 
 タッズさん達の心の底にはいつも犬達への感謝があるんだね。私も誕生日すら迎えられずにこの世を去って今は虹の橋のピョンファを想いながら遠くからエールを送ってます。
[PR]
by coccokuro | 2010-03-24 22:40