鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ピョンファの事

 私が初めて飼ったブルテリアはピョンファ(ハングルで平和)でした。片マユの美犬。散々迷ったあげく迎えた犬だったし可愛いくせに半年になるまで甘噛みもひどく、かなり悩ましい犬でしたがもうじき一歳、と言う時不慮の交通事故で逝ってしまった時の悲しみと嘆きと、私が悪かった事への自責の念でひどく落ち込みました。

 今にして思えば私はピョンファを女帝にしたてあげたのです。いつもべたべた可愛がり、どこかから帰ってくれば、ぴょんちゃ~ん、とまずは声をかけ、出かける時は行って来るね~。
 そして餌で釣りながらお坐りと伏せを覚えさせ、有頂天だった・・・。散歩では平気で前を歩かせ、ピョンファが着いて来るかな?と後ろを振り向く顔が可愛くて・・・そしてピョンファは必ず夫の所へ綱のおもちゃを持って行き、これ、引っ張れ!とやったものです。私、にでなく夫の所へ・・・これには深い訳があったと最近知ります。

 ピョンは夫がこの家のリーダー格、と感じ、夫の上位へのし上がるべく夫に指示(要求)をしていたのでしょうね・・・。綱のおもちゃの引っ張りあいで我が手に入れればピョンファは見てくれ!と言わぬばかりにそこいらを一周したものです。(あたしが一番エライ!)
 そこいらを一周、というのは去年かつお君とコング遊びした時もやってました。かつおは私が投げたコングを持ってきてそこいらを正に勝利者の凱旋、のごとく一周して鼻高々、意気揚揚と私のアウト!の命令でコングを地面に置きました・・・って今思えば、私にはい、次っ!投げろ!と指示を出していたのかも・・・。そのカツオの指示に従っていたのは私だったかも・・・?
 グーッド!と私は何回も何回もカツオ君に言ってきたけどカツオ君も私に対して心情はグーッド!って言ってたかな?(やっぱりオレの指示を聞くんだね)・・・とか・・・。
 おもちゃをゲットした犬は言ってみればワールドカップをゲットした程最高な気分らしい!
 
 ピョンファが少なくとも私を追って事故にあったのは確かな事なのです。ママが行っちゃた!と後追いしたのか、我が子(私の事)がいなくなっちゃた!(つまりリーダーとして)心配のあまり追ってきたかは分りません。私の自覚の無さが招いた最悪の結末だった、今でも涙がこぼれてきます。でもこのピョンファの死がきっかけで犬下宿屋おばさんになってしまいました。
 ピョンファが死んで、ブルテリアレスキューHPでレインボーブリッジの詩を読んで随分随分心の整理ができたのです。今も感謝しています。

 カバさんやぶりんどるさんとの出逢いで犬をマジメに考えるようになり、自分の間違いもあぶりだされてきました。なんて時間のかかるオバサンですことか・・。

 下宿人のゆったりおおらかなクロちゃんと緊張娘のオリーブ、どちらにも良い家族が見つかるように祈っています。ピョンちゃんが逝って出逢う事ができた犬達、人達がいて、ピョンファは一粒の麦だったんだよね、死んであまたの実を結ぶのは本当なんだね、と思って過ごす6月です
f0134693_23521238.jpg
おだやかでおしゃべり(犬語)するクロちゃん、幸せつかもうね

 
[PR]
by coccokuro | 2008-06-26 23:52

まだ、2ヶ月でしょ。

 オリーブが来てからこの子のおかしな性格に振り回され、というか、やっぱり私が早く何とかしたい一心で気を向けすぎていたかな?と反省しています。

 昨日、久々にカバさんから電話で関東方面でのBレスキュー、またまた保護犬がいて・・ぶりんどるさんが一時保護して下さったそうで、頭が下がっています。やはり皮膚疾患ありとの事、
心配ですね。んで、その時、ハっとしました。私はもう2ヶ月、という認識なのにぶりんどるさんはカバさんにはまだ2ヶ月でしょ?と言ったそうでした。

 またまたハッとしました~!犬のことばがきこえる(ドッグリスナー)の中に、こんなくだりがありました。コップ半分しか水が無い、と嘆くか、コップに半分も水がある、と感謝の気持ちを抱くか・・  オリーブも中々緊張がとれませんが、(目つきはミミィ、カツオ、そっくり!)あせらず長期戦でいきます~。

 それで早速、今日、おふろに入れた後で脱衣所に出すとオリーブがすぐに座りたがるタオル
に先に私がどっかーん、と座り、乗って来たオリーブを体でずりずり~と押し出しました。目は見ず、態度でこれは私の場所だよ!と示したのです。それと、私がずっと無視したらどんな行動するか見たかった。 そしたら、しばらくワタワタとドアに行ったり、風呂場に入ったり出たり、おすわりしたり・・・私は一切無視して、ただひたすらどっかーん、と座ってました。投げ出した足の間に入ってきたり、おすわりしたり、鼻でつついてきたり、しばらく儀式をやってましたが、約30分後に私の足の間にごろん、と伏せをしました。 待っていたのはこれでした。

 これから少しずつ、態度で示していきます。頑張ります、というスタンスは一緒でも中身を替えます~
[PR]
by coccokuro | 2008-06-21 22:42

すごいですね~夢みたい

YOUTUBEでとても感動的なのを見つけてのでご紹介・・・
夢みたいですね~。 いろいろトレーニング動画もありますし、勉強します・・・
http://jp.youtube.com/watch?v=V5ZDGUyqXLo
[PR]
by coccokuro | 2008-06-19 11:22
 時期的な忙しさでブログも小休止状態でしたが、すごく感動的な事がありました。最近クロちゃんは私の半歩~一歩下がって散歩にずっと付いてきます。
 待ってで待たせて、おいで~とか、カモ~ン!とかでニコニコしながらこっちにやって来ます。散歩道は林の中を歩いてきますが、まず人には会わないコースなのでリードをクルクル首に巻いて放して行きます。先日鹿と至近距離で鉢合わせでしたが、すごくビックリしたようだったけど私のイケナイ!の声で脇にちゃんと付いていました。それだけだって感動するのに、更に更に
感動したのは我家の近くになって、今度はキツネと鉢合わせ。  私の方が気づくのが早く、でもクロも気づいて、私を見て、私がOK,と言ったらそのままキツネを追いかけて林に入っていきました。  きっかり3分後、意気揚揚とおおニコニコ顔でまっすぐ私の所へ駆けて来て、どう?お母さん、あたし、ちゃんと働いたよ!って言ってるみたいで、本当に沢山沢山ほめました!

 更に翌日もキツネがでて、やはりきっかり3分、林の中に入り、追い払い、私は夫を大声で呼んで、訳を話し、2人でクロちゃんが帰ってきた時、すっごくほめちぎりました~!
去年、カツオ君が我家に居た頃、これはモンキードッグになる~とか真剣に考えたことがあったけど、今のクロちゃんは服従性の中で狩猟本能も発揮できるカッコ良い子です!!


 さて、オリーブの存在は喜び&悩み&感動&・・・いっぱいいっぱい私に与えてくれます。
ジャンフェネル女史著、犬のことばがきこえる(ぶんか社文庫)という本を読みました。とても素晴らしい本で、今までモヤモヤしていた頭の中の霧が晴れていく気分を味わいました!!これはお勧めの犬本です。
 犬やオオカミの行動に習い、自ら犬の様子を観察し、リーダーのするように自分もする必要がいやと言うほど分ってくる内容です。

 例えば、シーザーが悩める家族を訪問し、犬を全く見ず、そこに居ないように振舞う、実はそれだけで犬はシーザーをアルファと認める訳、そんな今までは不思議でたまらなかった事がさらっと納得できる内容が書かれています。
 飼い主をアルファと認めさせる為、彼女が編み出した アミシアンボンディングというやり方を徹底していきます。それにしても犬に対し、毅然としつつ、優しいです。
 この本で、選択的聴力の事やら、犬にご飯をやる前にこっちが先になんでも良いから(クラッカー一枚でも) 食べる事で強烈にこっちのアルファ性を示す事が出来る事、犬と逢ったら、帰宅でも、別の部屋から戻った時でも5分間ルールで犬を無視する技法等、 (今ではどんなハウツーものの犬本には普通に書いてあるけど)とにかく為になる一冊でした。
 また、表現がとても良く、分離不安って、アルファに成らされた犬が、飼い主と分れ、犬は飼い主をひたすら守るべき2歳児のように思っているから母が2歳の我が子の不在を半狂乱になって探し、パニ食っていろいろ壊したりする・・・・とか・・・

 また、散歩は犬にとっては巣穴から出て行く別世界への入口です、とか、・・・とにかく感動しまくりました!
 シーザーが強制トレーニング、ジャンフェネルが誘発トレーニング、だとして、分かれ目はありますが、どっちも共通するのはどうすれば初対面でアルファと認めさせるか知っている事で、まずはそこから。リーダーと認めさせてから全てが始まる。そんな出逢いの前に何をしても残念ながら、空しく、通じることは有りません、という事が分かります。

 ハウツー本等で頭の中にはあった事が彼女の豊かな経験、実際たずさわった多くの問題犬が
器でないのに任されていたリーダーの座からの解放で心穏やかに後の犬生をゆったり豊かに
過ごしていけるようになった各々の体験報告、面白いです!!

 まだまだ疑問も沢山あるけど、光が見えてくる気持ちになりました。そしてまだ翻訳されていませんが、シーザーは既に ビーアパックリーダー、という本を書いています、早く誰か翻訳して下さい~読みたい~!
[PR]
by coccokuro | 2008-06-19 00:22
 オリーブの前進速度はカメの歩みか自転車か、ちょうちょのスピードか・・・でも少しずつ、きざしが見えているけど、突破できずにいる壁を感じております・・・。
 まだまだ緊張、警戒心からくる行動が目立っています。でもあの日以来、クロが至近距離ですぐ横を通っても無視もできるし、ウーと言いそうな時は私の 何考えてんの~?や、はーん?の声を聴けて、唸らないです。ツーショットままだ先ですが・・・・

 心ここにあらず、状態まで警戒や緊張を許してしまうといけないので注意はしているけどこっちが気を許すとそうなります。もっとゆったり構えられるようにしていこう・・・でも、ゆったりできるように頑張る、なんて発想が間違っているのかな・・・・?
f0134693_21583893.jpg

ずっと前、あまりの可愛さにスケッチ・・・親ばかです
[PR]
by coccokuro | 2008-06-05 21:59

中々良い感じ・・・

 吠える直前を読んで、イケナイ!とか、あ”~あ”、とか低いハミングみたいな声で注意して、オリーブの耳に届くようになりつつあります。昨日はクロと初めてケイジ越しに鼻と鼻をつき合わせる事ができていいぞ~!と思った瞬間唸りそうだったので、あ”~ん?といったら止めました。

 そして、今日は朝、クロがお散歩に行くので横を通ったのに初めて丸くなって寝たままで見送ってくれました。 でも帰ってきたら、いつも通りワンワン! 

 ま、少しずつ、良い感じのシチュエーションを増やして行こう!と思っています。
今日はハウスの中で(犬じゃなくて農業用) 夫がEM菌の培養していたので種を拝借して犬さん達の野草みじん切りにも使ってみました。 朝仕込んだら夕方には草も程よく発酵して、それぞれ摘まんでごはんにふりかけました。
 草食動物の腸内の植物っぽくなってくれると理想的なんですが・・・。

 興奮に入る直前に指令出す事、やっぱり重要な事なんですね。オリーブの脳がまっしぐら状態になる前に心をニュートラルに戻してやること、頑張ろうと思っています。
f0134693_22305730.jpg

おおきなゲンコツ、バリバリ食べます、クロはちょっとかじって、もういりません~の様子です
[PR]
by coccokuro | 2008-06-01 22:32