鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あ~、心配~

 今日夕方、伊那家保の獣医さんから連絡で、もう、御存じの通り、豊橋ウズラ農家で高病原性弱毒性トリインフルエンザが発生した由の連絡がありました。
 最初は抗体検査陽性だったけど調査でウィルスの分離があったとのこと、地域的にも水鳥系の野鳥が沢山飛来する処のようです。10キロ圏内に65戸、400万羽の鳥の移動禁止が、弱毒性を受けて5キロ圏内の移動禁止に縮小されたもよう・・・それにしても、死亡が無くても検査で陽性となれば殺処分・・・農家の人もきっとびっくりしたでしょうし、我が家では日曜日に出かける予定だった夫は残念ながら取りやめにする事になりました。せっかく都会にいけるぞ、とか言って、ある意味とても楽しみだったようでしたが、急きょ鶏舎の近くの木を切ったり石灰播きをする事に・・・・・
 
 本来は家禽伝染病ですが今ではそれ以上にウィルスの変化で人への感染をくい止めるということがメインに語られるので抗体が出た農家は被害者でありながら加害者の目で見られる、という悲しい現実があり、また、罪ないウズラが殺処分、と思えばいくら経済動物といえ悲しいな~。


 オリーブはむくむくして、郵便局の配達さんから、オデブ――ちゃんになったね、と言われました。


f0134693_22501179.jpg

後ろから見ると一体どこに皮膚疾患があるのやら??
前から見ると・・・まだまだ・・・です。

 
[PR]
by coccokuro | 2009-02-27 22:52

譲渡条件

 保護下宿犬オリーブに希望者の方がいらっしゃった場合、ブルテリアレスキューからの連絡か、もしくは、私が直接連絡を受けたとしてもブルテリアレスキューへご連絡をまずはお願い致します。という順路があります。 
 我が家に来て、間もなく、オリーブを非常に気に入って家族にしたい、と希望された女性がいました。離婚後シングルでご両親と共に暮らし、保険屋さんで働いており、皮膚疾患の事も攻撃性の事も何とか共に頑張りたい、とおっしゃったので、この出逢いはいいかも!と感じてましたら、電話で両親を説得できない、とおいおい泣いて喧嘩しちゃいましたと、電話口でも泣き声で・・・・・あらら、と思って一先ず落ち着きましょう、と次の連絡待ちをしていたら、今度はせっかく両親を説き伏せたものの、基本的な処で私には飼えない、と今回はあきらめる結論を出しました、と彼女の方から連絡がきました。
その理由は散歩を日々するのが私の生活の中で、現在は無理・・・・というのでした。 なのでお断りした、と言うのでなく彼女の方から諦めた、わけでした。 うーん、残念!本当はこんな人に迎えられたらきっとオリーブは後半の犬生、幸せだろうな~。

 こちらからお断りする場合もあるし、あちらからやっぱり無理と判断しました、というケースもあります。リンクの3doglifeさんが犬えらび、で本当に納得できる記事を掲載していらっしゃいます。DOGOちゃんの一件で気がかりだった事、ずいぶん元気や答えを貰いました。ありがたや~。


 
f0134693_22435526.jpg

オリーブのお得意、いつまでも待ってます~餌も出逢いも待つのだね~
 さて、こんな動画、おお、怖い!この、画面の右の男性、噛んでくれ、と言わんばかりって行動じゃないですか?あー、くわばらくわばら、目をじっと見て近づいちゃいけませんって!
ここ気をつけましょう!
[PR]
by coccokuro | 2009-02-23 22:49

私、待ちます

 オリーブは時々一途に待ちます。
画面の左前方にはクロの食べ残しがあって、日向にごろりんしてるクロはオリーブに食べてはいけない、と態度で示しているわけです。
 オリーブが餌に近ずくとクロはのっそり起きてきて、ギロっと睨むし、低くうー、と声を出します。こんな小さなボディランゲージでオリーブは待つわけです。

 こんな時、犬との上下関係に言葉はいらないんだね、とすごく実感します。

何かさせたい時は人は犬に指示するし、その繰り返しで服従性も身に付くけど、この、言葉のない全くの犬同士の言葉なしの素晴らしい関係に圧倒されてしまう気分です。

 お前にも幸せがやってくるといいよね、時期を待ちましょう、とオリーブに言ってます。
f0134693_17374021.jpg

なんだかウエストのないどうどうとした体型になってます
[PR]
by coccokuro | 2009-02-12 17:39

クロちゃんだって大活躍

 久々やっと更新ですが、オリーブはやられた鶏の処理に大活躍、クロはと言えば、こっちは本当の大活躍、でした。
 毎夜毎夜、夜な夜なおキツネさまはやって来て、あっちこっち掘り散らかしたり、水場に止まって寝ている鶏を金網の外から攻撃したり、通路をうろうろ動き回ったり・・・と、朝起きてみれば夜に何回も起こされ、目下にクマができて熟睡感の無いうつろな毎日・・・・
 夫は、何なの?お犬様が3匹も居て誰か活躍してくれるお犬様は居ない訳っ?と会話の端はしに棘とげしさが・・・。
 オリーブは何かあった時の処理係、ぶーは夜回りして冷え切って布団に入った時の湯たんぽ役。  そして、とうとうクロちゃんの登場、です。
 クロとオリーブは通称下宿部屋で生活してまして、夜はクロは窓際の布団で寝ています。でも外に何か動きがあるとライトも付くし、一応警戒してくれます。猫や鶏には無反応、キツネには
このヤロー、の反応です。 それで、夜、クロがゲートをカリカリしたら、即起きてクロを連れて境界警備を繰り返して、先日はとうとう、キツネを追って畑をまっしぐらに駆け下りていきました。
でも、追い払ったらすぐ帰ってきて、後半の夜はおかげで熟睡。
 やっぱりハスキー系の犬って何とも言えず、カッコイイです。夫もこれぞ犬の中の犬、と大喜び。日中はけっこうお昼寝ばかりですが、呼び戻しの練習は欠かさないように頑張ります。

 オリーブもまったりして日々むくむく大きくなり、おなかの皮がたるみ気味。でも太れてやっと何とか毛が生えてくる勢いにもなったと思います。
f0134693_1638979.jpgf0134693_16383973.jpg
[PR]
by coccokuro | 2009-02-11 16:39