鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月の事

 去る2月の事でした
私は時々いつでも里親募集中、dogoo.comの里親募集、東京センターの収容犬等見る事があります。2月に東京センターにピットブルが収容されていました。ぶりんどるさんに連絡すると彼女も丁度見つけてどうしよう、と思っていた処だったのです。
 勿論すぐ思いついたのがグローリータッズ犬舎の事でした。BBSに書き込むとすぐにタッズ父が
ご安心ください、UKCジャパンで保護致します。と返答がありとても安心いたしました。

 何故グローリータッズ犬舎だったかと言えば、かつてカツオ君の下宿中、シーザーミランのDVDを沢山見た中で美しいアメリカンピットブルが居て、ハッキリ言ってその雄姿に勝手に惚れて日本のサイトでピットを見つけ、タッズ犬舎の画像、そして母のつぶやきコーナー(現在は緊急レスキューコーナー)やタッズ父のタッズの子や孫への深い思いを感じて、何はともあれピットに対する偏見が薄れており、東京センタ-収容ピットは迷わずタッズさんへの連絡となりました。
 また、東京の子と同時進行で沖縄にも保護ピットが居て、両方の引き出しにぶりんどるさんも協力して、タッズ父母の熱い思いでタッズ犬舎に無事に入りました。そしてタッズよありがとう
の本もみんなで読んで私はハラハラ泣いて、タッズのお嫁さんのスーちゃんの交通事故死が
私の初代ブルテリアピョンファと重なって・・・一頭の犬が一人の人の生き方まで変える力がある
という事、そしてタッズファミリーが生まれて今回の緊急レスキューではみなさんが協力して
働く、という絆も生まれ、起こっている現実は厳しく辛い事ですがタッズ母さんがBBSに書いていらっしゃる思いを知るにつけ、人との出逢いやつながりって大切にしたい、と改めて思いました!

 本の中に以前浜松で起きたブリーダー破産時にタッズさんも駆け付けて2頭犬を引き取った事が
かいてあります。おそらくばっちゃんの飼い主さんが活動された時の事だと思います。そうか~。そうだったのか~。
その茶介の老いはタッズに見守られていたのか~。涙涙涙。
 
 タッズさん達の心の底にはいつも犬達への感謝があるんだね。私も誕生日すら迎えられずにこの世を去って今は虹の橋のピョンファを想いながら遠くからエールを送ってます。
[PR]
by coccokuro | 2010-03-24 22:40

それぞれの性格

 ブルテリアレスキューのMLですでに情報がありましたがそれぞれの性格について分かる範囲で掲載致します。詳しくはブルテリアレスキューへのお問い合わせを宜しくお願い致します。
f0134693_12303820.jpg
f0134693_12321086.jpg
f0134693_12323761.jpg

上からドル君、パティちゃん、ラスティちゃん。現地でボランティアに入ったカツオママからの情報です。どの子も攻撃性は無く、鼻先の傷はバリケンやゲージの中でついたらしいです。抱きかかえOK、唸り、無し、という事だそうです。どなたか一時保護、あるいは里親になれる方、ブルテリアレスキュー加藤さんへのご連絡宜しくお願いいたします。

http://www.amane-taz.com/pg392.html
今回現場にレスキューに入ったグローリータッズさん、UKCジャパン&タッズファミリー、多くのボランティアさん達。ご苦労さまです。タッズ母さんのBBS感動しました。カツオママも快く参加して下さってこっちは遠くから感謝するばかりです。

 UKCジャパンさんドッグサルベーションさん、ARKさん等、シェルター建設に向かう形もあるし、千葉ワンさん他、ブルテリアレスキューもそうですが、各個人が自分の犬プラス保護犬の一時預かりをする形、いろいろですが、無理せずできる範囲でみんなが協力していけたら、と思っています。 我が家で感じたこと。一頭から二頭目は2倍。一頭から3頭は3倍だけど、2頭から3頭は
1.5倍じゃん。何だかそう考えると気持ち楽です~。里親さんか保護協力の方が早めに手を挙げて下さることを願っております。
[PR]
by coccokuro | 2010-03-23 12:53 | http://www.exblog.jp
皆様のご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

ブルテリアレスキューからの連絡がありましたのでご紹介いたします。
今年 二月北九州直方市にて動物取扱業無許可無登録にて繁殖販売を10年繰り返していたブリーダーが警察に摘発され家宅捜索を受けました。
多い時は七十頭余りの犬達を飼育していました。
この度 警察行政との協力の下 現在 飼育されている六十頭余りを社団法人UKCJAPANさんが保護介入 する事になりました。
UKC JAPANのホームページは以下です。
http://www.amane-taz.com/pg392.html
f0134693_74521.jpg
f0134693_743434.jpg
f0134693_753557.jpg
f0134693_76268.jpg
f0134693_765561.jpg
f0134693_771698.jpg

ブルテリアレスキューでは一時保護者、里親希望者を探していますので皆様のご協力を
宜しくお願い致します。
麻布大学獣医学部介在動物学研究室
加藤真紀
電話:042-754-7111(内線444)
携帯:090-6431-3030
mailto:da0902@azabu-u.ac.jp

レスキュー加藤さんへのご連絡をどうぞ宜しくお願い致します。
他の犬達のこと、グローリータッズさん、UKCジャパンさんの今後を見守って下さいませ。
[PR]
by coccokuro | 2010-03-19 07:12