鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

胸と喉の下

 先日苦しい下痢、その後おなかがすっかり良くなり、スルスルッとスリムになったオリーブ
はまるで体内に水分を取り戻したい一心からのように毎日毎日これでもか!という程水を飲
み、朝夕2回の散歩以外は昼頃オシッコタイムなのですが、それ以外にも2回外にだしてオ
シッコさせてやり、 笑いだしたくなるほど長~いオシッコをして、あ~、スッキリ~。とばかり
嬉しそう・・・と、こんな日々が続く間、あれ?あれれ?という感じがありました。オリーブは胸
と喉の下がどうしても治らず、あともう一息、そこにだけ毛が生えて来ず、今までずっとケア
してきました。
ところが、下痢の間、洗わなかったら、黄色くカサブタができ、それがボロボロ落ちるほど乾燥
して、何だか心なしかホヤホヤした薄~い毛が生えてきている感じです。 一週間、下痢の為、
(おそらく人間も一緒だと思うけど)切ない腹痛と肛門の痛さがあったはず・・・。  それで、つ
まり、オリーブは体を掻くことを忘れたのではないでしょうか?そうしている間に何だか不思議
に皮膚が変わってきました。
 
f0134693_1793054.jpg
f0134693_1795014.jpg

上の2枚は今日のオリーブ。
 頑張ろうね。皮膚で悩んでるブル達は多いし・・・
[PR]
by coccokuro | 2010-05-24 20:50

下痢の流行

パソコンをヴィスタにしてから、やけに動作が重い感じで、そもそも使いこなせない上、イライラ要素が重なり、
また、忙しさも積み重なって中々更新できません。

 我が家の犬達は先日来次々下痢になりました。丁度友達の犬がひどい下痢になり、こんな時、どうしてる?
と聞かれ、ま~、しばらく様子見たら?獣医さんに行っても抗生剤くれるでしょうけど出すもの出した方が良いんじゃない? なんて、人ごとのような会話をし、数日後、治ったよ~、の知らせがあって。良かったね~、
なんてやりとりの後、 何とぶーが下痢を始めました。 おっと、キタキタ!と思って様子を見ていたら
 何と後ろ足が立たなくなり、その位へろへろになりました。でも4日程で元通り、そうこうしている内にクロが始め、4~5日で快復・・・・とどめはオリーブで6日間、食欲の衰えは全くないのに、ひどい下痢に見舞われ、
あと、もう一日治らなかったら獣医さんへ行くつもりが、治ってきて、ほっとしたことでした。

 下痢はしっかり経過させたい、という思いが強く、おかげで、不思議なデトックス効果で皮膚の状態が
日向ぼっこしてもいつもみたいに赤くならなくて、悪いものが体から抜けた感じのようです。
f0134693_21432228.jpg

f0134693_2144176.jpg

 
食い意地はってるオリーブです。下痢でも食欲は衰えない。何か文句ある?と言ってる横顔・・本当のおうち
はいずこ・・・
[PR]
by coccokuro | 2010-05-16 21:49
f0134693_17382652.jpg
 2月の東京、沖縄ピット、3月の北九州緊急レスキュー、沢山の沢山の人達のおかげで今、保護者の方たち
の元で本当の家族を探し始めました。
 ブルテリアはメス2頭。避妊手術、他、乳腺種手術等、予期せぬ事が重なりましたが無事に一時保護者さん宅へ・・・2頭ともとても温和な性格のようです。
パティ改めジョイアは美香さんのところ。何でもカジる癖あり、大手術を乗り越えて今は健康体のラスティはこちらからご覧ください
緊急レスキューから保護者まではぶりんどるさんのブログをどうぞ。

 無事に送り出すまで多くの多くのブルテリア仲間の支えのネットワークがあって空輸、陸送、ショートステイ、物資や金銭の援助、また、いつもレスキュー犬をお安く援助して下さる獣医さん、そして保護者さんのお宅へ・・・となるまでにみんなが見守られてジョイアとラスティは本当の家族に出逢うまで、普通の家庭犬と同じように過ごす事でしょう。
 
 一時保護中の犬に疾患があると思わぬ出費となる場合もあり、現在ブルテリアレスキューは赤字状態との事です。皆さまのご支援に支えられての活動なのでどうぞ引き続き宜しくお願い致します。


  さて、先日私の住んでいる町内常設の施設で国際救助犬の大会があると聞き、見学に行ってきました。
大会は2か所で行われ、服従に関する審査、救助に関する審査がありました。ほんの少し垣間見たのですが
とてもカッコイイ訓練士さんと犬の姿がありました。服従審査が終わると、犬もホッとする、のが手に取るように
分かり、あ~、これが俗に言うオン、オフ、か~。と納得。ホッと一息というのは犬にも人にもあるのが面白かったです。 出場者の多くは警察犬訓練所等で修行の後、現在は家庭犬のトレーナーさんだったりするそうで、
 持ち時間30分の内、ガレキの下に隠れた人を3人見つけた黒ラブちゃん、2頭見つけたボーダーちゃん、
狩猟本能全開、パワー炸裂、轟音の鳴る場所での捜索、ご苦労さまでした。
 ジャッジはドイツ人の方がなさってました。 有資格犬は本当の現場で働く要請があるまで家庭でトレーニングを積んでいるそうです。
f0134693_1739060.jpg

[PR]
by coccokuro | 2010-05-13 17:39