鹿児島からやって来たクロちゃんとブルテリアレスキュー所属ブル達の飼い主探し


by coccokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日、しーたと50分くらい、けっこう長いお散歩タイムをとることができました。

歩くと不思議に犬って落ち着いた顔に変わります。

ふーっと良い気持ちのなって、家を出て、すぐの頃は

あたふたあっち向いたりこっち向いたり臭いをかぎたかったり

ちょっとした気配にビクビクしたり・・・

でも歩いている内に良い顔つきになってます。

お散歩から帰ってきたら M子さんが来てくれました。

しーたはそれこそ大喜び!!

にこにこ歯を出して笑いましたよ!信じられな~い!

ケイジから出すと、そのままM子さんの胸へまっしぐら。

あの~、しーちゃん、ちょっと悔しいいんですけど・・・

M子さんに対するしーたの思慕心はたいしたもので、

しっぽをさげたままその先端をぷりぷりと降っているでは

ありませんか!このボディランゲージって、

あたしはあなたのしもべです!っていうのじゃないかな!

先日のポン!と、ガルガルに引き下がらなかった

M子さんの強さをすでにしーたは分かったのだと思われます。

犬下宿部屋にしーたを放すとおなかを自らごろんと出して

甘噛みっぽい行為もあったけどM子さんがしーたの口の中に

指を入れても決して噛まない、歯を当てない。

はあ~っ。良かった~。

運悪く?( むしろ良く? ) 配達の人が車でやってきて

リード付けようか?と言いましたが、大丈夫、大丈夫、と

M子さんが言って、しーたはフリーのままでも 配達さんに

ぎゃん吠えしませんでした。

ううう~ん、どうなってるの?お前、良い子すぎるぞ~。

しーたは大きな頭ですりすりしてきます。

ちょっと恐いんですけど・・・触り心地、最高なんですけど・・・。

こんなしーたの家族になって下さる方を探しています。

ご協力お願い致します。

せっかく縦にできたからこの画像・・・こわばってないしーたです。

f0134693_23141379.jpg


可愛いですよ~。

最近知りました。ヘレンケラーの愛犬、マークトゥーエンの愛犬、懐かしい番組、ちびっこギャングにでてきた
子供達の後をついて歩いていた犬、ピットブルだったそうです。

なんとかこのしーたが良い家族に巡り合えるまで、犬下宿おばさん、頑張ります!
[PR]
# by coccokuro | 2012-02-24 23:18
日一日とこわばりのとれて行くしーたです。

今日、先日に続き、M子さんが訪問して下さいました。

世の中は広い、でもこんな近くにしーたの事を大切に思って心に留めてくれる

人がいることの、何て、幸せ者のしーたでしょうか。

M子さんは玄関のピンポンを何度も何度も鳴らしてくれました。

少しずつ、少しずつ、少しずつ。しーたの反応が薄らぎます。

ピンポン吠えは放置すれば、おそらく一生続けるのです。

吠える必要が無い事を教わらなければ一生ピンポンに吠える。


しーたを部屋に出せば、ほら、この通り。

M子さんの事、だーいすき。だーいすきなしーたです。

M子さんの前で、ごろりんとおなかを出し、顔を近つけてもOK.

良く見て下さい、歯も触らせていますよ~。


私がコチコチの気持ちでしーたに接していたからやっぱり伝わっていたのかな・・・・?

f0134693_21381576.jpg
f0134693_21384239.jpg
f0134693_2139317.jpg
f0134693_21392646.jpg


一頭の犬にこれ程までに心を寄せてくれる人が居て、どれ程励まされたでしょうか。
本当に感謝感謝なんです。


この、写真を撮った後、外にでて、ちょっとお散歩の練習、その後、座れ、待て、でくるくる回り
を回ってしーたが動かないでいられるかM子さんがやってくれました。

このしつけは元の飼い主さんがしっかりしつけてありますのでバッチリ。M子さんも、何て
良い子だ~!と誉めてくれました。


2日程前、私が仕事中、車に乗せたらパニック状態、怖がって運転席の私の上に乗ろう
と、助手席につないでありましたが、自分で喉を絞殺さんばかりの行動となり、打ち切りました。

今日、M子さんが助手席でしーたを連れ、私が運転席に乗り、まずはエンジンかけず、乗って
みる。その後、エンジンをかけてみる、その後、ちょっと車を前進させてみる、

こんな感じで車に慣らそうと計画しました。

そして、M子さんがしーたと助手席、私が運転席に乗ったら、しーたが怖がって私の膝に逃げて
きました。もとにもどして、M子さんがしーたを止めると、しーたが、がうがう唸りました、
間髪入れずM子さんがしーたのお尻をポン!と叩きました。誤解の無きように。
その、ぽん!とは、叩いた、というより、しーたの意識がドキッとするほどの瞬時の事。

そしたらしーたはすぐ唸りを止めました。

そしてまた、私の方へこようとした処をM子さんが止めるとかなりガルガルしーたは文句を
つけた。M子さんは引き下がりませんでした。わずか、30秒ほどの間の出来事。

唸りに引き下がったら犬に最大限の勝利感を与えてしまう。それを百も承知のM子さん。

しーたは唸るのを止めました。

私は感動しすぎて涙がでました。これなんだよね、この強さ。

犬って、これに付いてくるんだよね。

良い経験を私もしーたもさせて頂きました。超をいくつつけても足りないくらい、有難い事でした。

日曜日から火曜の夜まで用事がある私はしーたを獣医かペットホテルに預ける予定でしたが

M子さんがショートステイをして下さる事になり、獣医さんやホテルにいきなりあずける危険を
思えば、こんなに仲良くなったM子さんのおうちでお泊りができるなんて、有難くて嬉しくて。

求めれば与えられ、戸を叩けば開けてもらえる。

もう一度画像を見て下さい。しーた、良い子ですよ。  家族を探しています。ご協力お願いいたします。
[PR]
# by coccokuro | 2012-02-22 21:48

しーたの家族募集です

しーたの怯えからくる吠えに関して心配があって相談した友人が更に犬友達を紹介してくれまして、
先日二人が時間差で訪問して下さいました。

その始めの訪問者、M子さん。しーたの様子をケイジ越しに見て、この子、大丈夫だね、とケイジをそーっと
開けました。そしたらしーたはM子さんの胸の中へ、まみるで懐かしい友人に会ったかのような仕草。

ごろんとおなかを見せる、甘え顔をする、。。。やっとおなかを私に見せたばかりだったのに~。
ちょっと悔しいけど、嬉しくて嬉しくて、これでもう、第一関門突破の気持ちです。


更に後で訪問してくれたNさんは私の上いく迫力あるオバサン。しーたときたら、やたら素直でした。
何回かピンポンをやってもらっているうちしーたの反応が少なくなってくるのが分かり、嬉しかった~!

 短い間、少し集中して時間を使い、慣れさせるとピンポンや訪問者への吠えを克服できるよ、という訳で
お忙しい中、協力してくれる犬好きな人達が居て、本当にうれしくて、うれしくて。

M子さんとしーた。すぐ仲良しになりました。
f0134693_21284056.jpg


あ~、画像が横向き。。。やっとこさっとこ作ってるオバはんブログです。ご勘弁を
[PR]
# by coccokuro | 2012-02-21 21:15

しーた、家族募集です

2月5日にやってきた怖がりのしーた。
克服する事は山程ありますが、一歩一歩焦らずに・・・。
でも焦ってた私は2週間で体重が約4キロ減りました。

だって・・・・。しーたの怖がり度が尋常でなかったから。
恐怖の中に居る犬の、あの、目つき。ガクガク震える
しっぽを巻いた下半身。

窮鼠猫を噛む。

ひとつ間違えば、その結果を想像してしまい、

やれやれ、どうしたものやら・・・。

兎に角、気分を変えてお散歩、お散歩。

最初の何日かは、林の道の前方を鹿の群れが横切っても

気付かない。 我が家の鶏舎の横を通っても
鶏の存在すら目に入らない.  それ程すごい緊張です。

でも、しーたにインプットされてるしつけでひたひたひたひた
ひたすら私の左横を上手に背後霊みたいにくっついて
来ました。怖いんですけど~。

お互い信頼関係に無いから目を見てくるはずも無く、

写真を撮ろうとしてもあっちむいてホイ、状態。

分かってるよ、カーミングシグナル。

だから私もしーたの目は見ないから。安心しなね。


とか何とかしているうちに来客や新聞配達、郵便、宅急便、
ピンポン~に吠える度合いが増してきました。

明らかに怖がっているけど、お決まりのコースで、吠えれば
イヤな事がなくなる(配達さんはすぐ帰るから)と学習。
怖いが強いに代わって行くのが分かり、

すごーくすごーく悩みの種になり、このままじゃいけない、
トガシドッグスクールさんに電話して、訪問をお願いしよう
と思いました。沢山アドバイスを頂いて感謝感謝。やはり焦ってはいけない、
散歩も、せねばならぬ、と気負うなら、犬もそれを感じ取る。
ピンポン恐怖を恐怖でしつけてはいけない、等など。

残念ながらトガシさんの訪問は現在諏訪はたまにしか来ないとの事で
した。でも相談できて胸のつかえが取れました。

しーたは我が家の犬部屋のケイジで暮らしてますが、家の中で、私や
夫が歩く音にハッとして吠えたりもしました。辛いな~。

そうこうしてる内にしーたの緊張がほどけて来ました。何故かって?
私が怖がるしーたに怖くない、怖くない怖くないよ~とマッサージばかり
繰り返したんです。 その内、とてもリラックスする心地よさに気付いた
みたい。私、怒らないよ~。


そして昨日、やっとお友達にも遊んでもらいました。
恐怖の殻からしーたが出てきました。
[PR]
# by coccokuro | 2012-02-21 00:05
長い間、ブログをほったらかし状態にしておりましたが、どうしても再開しなくては・・!

 ほったらかしていた間に起こった事をかいつまめば、オリーブが正式に我が家の犬になった事、
最愛のぶーちゃんが虹の橋を渡った事、昨年4月から9月末まで南相馬市で被災されたご家族の
犬2頭が半年程下宿していた事。など。

 そして今回再開となったのは、アメリカンピットブルテリアしーたちゃんの家族を見つけるためです。
しーたは、1月下旬頃連絡が入り、ぶりんどるさんとカバさんが犬の状況を調査。保護を決めました。
ぶりんどるさんの処での保護となる予定でしたが蘭ちゃん(ブルテリア)の緊急治療となり、行き先
が無くなりました。 

 とにかく緊急な飼い主さんの引っ越し、保護を要する状況となり、飼い主さんの引っ越しの日、
2月5日に我が家にやって参りました。

 事前に分かっていた情報は、とても臆病、ペットホテルや獣医さんでも恐がりで飼い主さんが迎えに行っても唸って出て来れない、等など。うーん、イヤなんだよね、臆病って・・・。と思っていました。

車から降りてきたしーたは、飼い主さんに飛びつきながら、大喜びでぴょんぴょん跳ね跳んでまるで鹿みたい。おやおや・・・。という印象でした。
 何回か本当にこれからの飼育が困難でしょうか?とお聞きしましたが結局困難である事に変わりはなく、
所有権放棄という書面にサインを頂いた次第です。元飼い主のTさんはしーたに関し、できる事は色々やって
きています。つまり、座れ、伏せ、待て、来い、放せ、付け、お手、等等、しーたは分かっていて、芸ができます
 出来ない事は、怖がりの克服、と言えばいいでしょうか・・・。

 Tさんはしーたの使っていた全てを持参されました。XLのブラックケイジ、1畳ほどの背の高いサークル、
リード、コング、フリスビー。可愛がっていたのでしょうね。
f0134693_23324257.jpg

只今パソコンが安定せず、うまく情報を載せられませんが、またおいおいアップいたします。

怖がらない練習を積んでいる処です。今日は近所の犬好きな女性にし―たと遊んでもらいました!
書きたい事が沢山あります。

しーたと一緒に楽しんでくれる家族の元へ送り出せるまで頑張ります!
[PR]
# by coccokuro | 2012-02-19 22:28

胸と喉の下

 先日苦しい下痢、その後おなかがすっかり良くなり、スルスルッとスリムになったオリーブ
はまるで体内に水分を取り戻したい一心からのように毎日毎日これでもか!という程水を飲
み、朝夕2回の散歩以外は昼頃オシッコタイムなのですが、それ以外にも2回外にだしてオ
シッコさせてやり、 笑いだしたくなるほど長~いオシッコをして、あ~、スッキリ~。とばかり
嬉しそう・・・と、こんな日々が続く間、あれ?あれれ?という感じがありました。オリーブは胸
と喉の下がどうしても治らず、あともう一息、そこにだけ毛が生えて来ず、今までずっとケア
してきました。
ところが、下痢の間、洗わなかったら、黄色くカサブタができ、それがボロボロ落ちるほど乾燥
して、何だか心なしかホヤホヤした薄~い毛が生えてきている感じです。 一週間、下痢の為、
(おそらく人間も一緒だと思うけど)切ない腹痛と肛門の痛さがあったはず・・・。  それで、つ
まり、オリーブは体を掻くことを忘れたのではないでしょうか?そうしている間に何だか不思議
に皮膚が変わってきました。
 
f0134693_1793054.jpg
f0134693_1795014.jpg

上の2枚は今日のオリーブ。
 頑張ろうね。皮膚で悩んでるブル達は多いし・・・
[PR]
# by coccokuro | 2010-05-24 20:50

下痢の流行

パソコンをヴィスタにしてから、やけに動作が重い感じで、そもそも使いこなせない上、イライラ要素が重なり、
また、忙しさも積み重なって中々更新できません。

 我が家の犬達は先日来次々下痢になりました。丁度友達の犬がひどい下痢になり、こんな時、どうしてる?
と聞かれ、ま~、しばらく様子見たら?獣医さんに行っても抗生剤くれるでしょうけど出すもの出した方が良いんじゃない? なんて、人ごとのような会話をし、数日後、治ったよ~、の知らせがあって。良かったね~、
なんてやりとりの後、 何とぶーが下痢を始めました。 おっと、キタキタ!と思って様子を見ていたら
 何と後ろ足が立たなくなり、その位へろへろになりました。でも4日程で元通り、そうこうしている内にクロが始め、4~5日で快復・・・・とどめはオリーブで6日間、食欲の衰えは全くないのに、ひどい下痢に見舞われ、
あと、もう一日治らなかったら獣医さんへ行くつもりが、治ってきて、ほっとしたことでした。

 下痢はしっかり経過させたい、という思いが強く、おかげで、不思議なデトックス効果で皮膚の状態が
日向ぼっこしてもいつもみたいに赤くならなくて、悪いものが体から抜けた感じのようです。
f0134693_21432228.jpg

f0134693_2144176.jpg

 
食い意地はってるオリーブです。下痢でも食欲は衰えない。何か文句ある?と言ってる横顔・・本当のおうち
はいずこ・・・
[PR]
# by coccokuro | 2010-05-16 21:49
f0134693_17382652.jpg
 2月の東京、沖縄ピット、3月の北九州緊急レスキュー、沢山の沢山の人達のおかげで今、保護者の方たち
の元で本当の家族を探し始めました。
 ブルテリアはメス2頭。避妊手術、他、乳腺種手術等、予期せぬ事が重なりましたが無事に一時保護者さん宅へ・・・2頭ともとても温和な性格のようです。
パティ改めジョイアは美香さんのところ。何でもカジる癖あり、大手術を乗り越えて今は健康体のラスティはこちらからご覧ください
緊急レスキューから保護者まではぶりんどるさんのブログをどうぞ。

 無事に送り出すまで多くの多くのブルテリア仲間の支えのネットワークがあって空輸、陸送、ショートステイ、物資や金銭の援助、また、いつもレスキュー犬をお安く援助して下さる獣医さん、そして保護者さんのお宅へ・・・となるまでにみんなが見守られてジョイアとラスティは本当の家族に出逢うまで、普通の家庭犬と同じように過ごす事でしょう。
 
 一時保護中の犬に疾患があると思わぬ出費となる場合もあり、現在ブルテリアレスキューは赤字状態との事です。皆さまのご支援に支えられての活動なのでどうぞ引き続き宜しくお願い致します。


  さて、先日私の住んでいる町内常設の施設で国際救助犬の大会があると聞き、見学に行ってきました。
大会は2か所で行われ、服従に関する審査、救助に関する審査がありました。ほんの少し垣間見たのですが
とてもカッコイイ訓練士さんと犬の姿がありました。服従審査が終わると、犬もホッとする、のが手に取るように
分かり、あ~、これが俗に言うオン、オフ、か~。と納得。ホッと一息というのは犬にも人にもあるのが面白かったです。 出場者の多くは警察犬訓練所等で修行の後、現在は家庭犬のトレーナーさんだったりするそうで、
 持ち時間30分の内、ガレキの下に隠れた人を3人見つけた黒ラブちゃん、2頭見つけたボーダーちゃん、
狩猟本能全開、パワー炸裂、轟音の鳴る場所での捜索、ご苦労さまでした。
 ジャッジはドイツ人の方がなさってました。 有資格犬は本当の現場で働く要請があるまで家庭でトレーニングを積んでいるそうです。
f0134693_1739060.jpg

[PR]
# by coccokuro | 2010-05-13 17:39